Stacks Image 205



〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条6丁目5−1
tel: 011-865-0111

HIFUとの比較 | タルサ治療(TULSA)

タルサ治療(TULSA)

MRIと超音波による前立腺の低侵襲治療

TULSAとHIFUの比較(治療の特徴)

タルサ(TULSA)と同じ「超音波」を用いるハイフ(HIFU)と違いをご説明します。 ハイフは肛門から挿入した器具から直腸の壁を経由して超音波エネルギーを発振する方法で、虫眼鏡で太陽の光を集めるように、1カ所にエネルギーを集中させて、その焦点となった位置が高温になって組織が焼けます。この焦点を少しずつずらしては焼くことを繰り返しながら必要な範囲を焼いていきますが、この操作は手動またはコンピュータ制御で行われます。しかし、焦点の周囲もかなり加熱されるため、焼ける範囲と焼かない範囲の境界線が不明瞭になりやすい問題点があります。また、直腸からエネルギーを発振するため、直腸の熱損傷が生じる可能性があるのと、直腸の反対側の前立腺組織にエネルギーが届きにくい問題点もあります。 タルサは、この問題点を克服しています。タルサ治療中はMRIの中で常時組織の内部の温度を監視して超音波出力を調節して過剰に加熱しないように自動調整されるため、誤差1mm程度の明確な境界線で焼ける範囲と焼けない範囲を区切ることが可能となっています。そのため、ハイフのみならず、全摘手術、放射線治療といった従来の治療法で問題となる尿道括約筋と勃起神経へのダメージを精密に避けることが可能となります。また、超音波が直腸を経由しないため、直腸への障害はなく、前立腺の中心から放射状に加熱するため、エネルギーの届きやすさにかたよりがなく、がんの位置による治療効果への影響はありません。大きな前立腺の治療も可能となります。 ハイフでは、事前に検査したMRIや組織検査の結果を参考にしてがんの位置をハイフを操作する際のエコー画面上で推定して治療を行います。 一方で、タルサではがんの位置を確認できるMRIの画面上で直接加熱する範囲を指定するため、がんの部位を正確に加熱することが可能です。そのため、がんの部位だけを焼く局所治療を行うことも可能で、周囲の組織への影響を極めて少なくすることも可能となります。

タルサ(TULSA)とハイフ(HIFU)を比較した表もご参照ください。

TULSA

HIFU

4

超音波発振方法

前立腺の中心にある尿道から放射状360度に発振する

直腸の壁を経由して後から前へ発振する

超音波到達距離

中心から30mm程度で90ml以下の前立腺であれば全体に到達する(90ml以上の前立腺はまれ)

直腸の壁(前立腺の後方)から30-45mm程度で大きな前立腺(40ml以上)では前立腺の前方に到達しにくい

治療可能な前立腺サイズ

90ml程度まで可能

• 40ml程度まで(一般的な前立腺肥大症は40ml以上はしばしばあり)

• 40ml以上ではあらかじめ前立腺を小さくする治療が別途必要

アブレーションの質
• コンピュータ制御で360度自動回転するので均一
• 隙間なく加熱
• 加熱する範囲としない範囲の境界線は1mmの誤差で制御される
• 組織が壊死するのに必要最低限の55度に加熱する
• 手動またはビーム屈曲で制御する
• 扇形の超音波ビームを集めて米粒大の小さな焦点を作って加熱
• 焦点の加熱を数百回繰り返す
• 90度以上に上昇し、周囲には温度勾配ができるため、加熱の境界線は不明瞭

温度制御の方法

治療中MRIが前立腺内部の温度をミリ単位で測定し続けて、その情報を元に超音波出力を自動制御して温度をコントロールするので、境界線が明瞭で、温度の過不足が生じない

温度制御はない

周囲の組織への影響

• 医師が画面で指定した範囲のみが加熱される。
• その境界線は1mmの誤差で制御できる。
• 境界線の外側は熱による障害を受けない
• 尿失禁、勃起障害がとても生じにくい
• 前立腺中心の尿道粘膜および直腸の壁は自動冷却され損傷しない
• 境界線が不明瞭
• 前立腺の被膜近くを治療すると周囲組織も障害を受けやすい
• 尿失禁、勃起障害の頻度は高い
• 前立腺の中心にある尿道も一緒に加熱される
• 尿道狭窄を生じやすい

病変部位の認識

治療中にMRIでガンのある部位が確認できるため、正確な治療が可能であるのと同時に、ガンのある場所だけの治療も可能

治療中の超音波画像ではガンの場所が分からないため、 治療前のMRIなどの画像検査は組織生検の結果を参考にせざるを得ない

治療時間

40分程度

3時間程度

図解

[colspan="2"]
Stacks Image 279
[null]

治療成績の比較*

TULSA
HIFU
4
前立腺体積縮小率
90%
60%
PSA低下率
92%
88%

術後1年以降の生検で

がんが検出されない率

65%
68%
勃起障害残存率
23%(1年目)
38%(2年目)
尿失禁残存率
2.6%(1年目)
11%(2年目)
尿道狭窄発生率
2.6%
35%
直腸穿孔発生率
0%
4%
(一時的な)尿閉
(自力で尿を出せない)
8.7%
34%

*TULSAの治療成績は米国第2相臨床試験の結果、HIFUの治療成績はEDAP社Ablatherm米国FDA承認時データ



社会医療法人 北楡会 札幌北楡病院 泌尿器科
前立腺MRI超音波治療センター