Stacks Image 205



〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条6丁目5−1
tel: 011-865-0111

タルサ治療(TULSA)- 体への負担の少ない(低侵襲)新しい前立腺癌治療

タルサ治療(TULSA)

MRIと超音波による前立腺の低侵襲治療

タルサ治療(TULSA)とは

タルサ(TULSA)とは、前立腺がんに対する新しい治療法です。従来の治療法(ロボット支援前立腺全摘手術・放射線治療・HIFU)と比べ、身体への負担がとても小さく、かつ精密な治療を可能にする新しい治療法です。尿道より治療器を挿入し、前立腺内部から病変部を超音波を使って加熱するので、切らない体に優しい治療法です。さらに、MRI(核磁気共鳴画像装置)と連携して加熱する範囲と温度を1度単位、1ミリ単位の精度で制御できるため、周囲の臓器や組織への影響が従来の治療法に比べて少なく、精度の高い治療が可能となりました。詳細は下記からご覧ください。

現在、ヨーロッパ、北米(米国、カナダ)で承認された治療法です。当院は日本の前立腺がん患者の方々に早くタルサ治療を提供すべく、アジア1号機を導入しました。

治療の特徴

・切らない治療
・ミリ単位の非常に精密な治療
・手術、放射線と同等のがん制御効果
・副作用が少ない治療

Stacks Image 91
Stacks Image 95
Stacks Image 93
Stacks Image 97
Stacks Image 114
Stacks Image 123
Stacks Image 121
Stacks Image 125
Stacks Image 137
Stacks Image 139
Stacks Image 151





TULSA治療については、令和1年(2019年)10月より治療運用開始しました。

関連リンク

Stacks Image 171

Stacks Image 187


プロファウンド社HP

Stacks Image 195

プロファウンド社
タルサ治療ページ

Stacks Image 197

プロファウンド社
タルサ治療患者用HP